忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[330]  [329]  [328]  [327]  [324]  [321]  [320]  [319]  [317]  [316]  [315
刺しゅう指導員養成講座2日目。
今日は二村先生のゴールドワークでした。

10時から16時までの講義なのですが、タイムスケジュールができていて、ほぼ時間どおりにぱっぱかと進んでいきます。
私みたいなそそっかしいのは、ビーズ落としちゃったり、糸を切っちゃったりで、大変でした。そのたびに遅れちゃうんだもの。

お昼休み前に「午後までにこれだけはやっておいてください。」という指示があり、お昼もそこそこに必死で針を進めました。

一言聞き漏らすと刺せないので、一生懸命集中。
でも、午後も終わりに近づくと、もう集中が切れてきてしまい、聞いているつもりが「?」。あぁ、情けない。

それでも、一応、今日のステッチをすべて一応理解(したつもり)。来月までに完成させて提出すれば二村先生に講評をいただけるそうです。

ゴールドワークは思った以上に非常に細かい作業です。
新しく作った遠近両用メガネを活用しても無理!
結局、裸眼10センチで作業しました。^_^;
大至急、ライト付き拡大鏡を購入せねば!

でも、花びら1枚完成したら「素敵~~!」
全部完成したらちっちゃなキットを買って作りたいと思います。
(そんな時間あるのかしらん?!)
ゴールドワークの材料は越前屋さんで少し扱っているそうです。

二村先生の教室はヴォーグ、三越、アトリエ、名古屋などあるようです。
詳しくは二村先生のホームページで案内されています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ 人気ブログランキングへ

今日の感想。
疲れた~~~!!(楽しかったけれど)
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♠ 無題
わ~お疲れさまです。
私も来年秋の受講めざしてチクチク励んでいます。
卒業制作もあるのですね。これは初耳でした。
お昼はやっぱりそこそこに制作に打ち込まなくてはならないのですね,噂どおりのハードさです。
二村先生,相変わらずお綺麗だt
せしる URL 2009/10/18(Sun)19:23:28 編集
♠ 無題
すみません,変なところで送信してしまいました。

二村先生は相変わらずお綺麗だったでしょうか。
・・・と書きたかったのです。
せしる URL 2009/10/18(Sun)19:24:58 編集
♠ 無題
こんにちは~。せしるさん。(^_^/

卒業制作は次回にラフを持っていきます。
6ヶ月かけて考え製作していくようです。

今回作品の提出は「義務」ではないので、気持ちは楽です。でも、来月の1日目に提出すると講師の講評がいただけるの。

二村先生、おきれいでした~。
エム 2009/10/19(Mon)06:31:00 編集
♠ 無題
エムさん,参考になります。ありがとうございます。
来年の受講のために今月から「刺繍積立」を始めました!
せしる URL 2009/10/19(Mon)10:21:41 編集
♠ 無題
そうそう。けっこうかかります。
お稽古代もさることながら、毎月の材料費と最後のお免状。

材料費は極力抑えるために携行品が指定されるのですが、なければ結局購入となります。道具がよくないときれいにできないということもあるようです。(ゴールドワークのハサミやピンセット、フープなど)
エム 2009/10/19(Mon)19:59:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]