忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
ヴォーグ社の雑誌ステッチイデーのインスタで私が担当したバックステッチのコツが紹介されました(^^)
見てね。

ステッチイデー
PR
娘がカーデニングにはまりだした。
種や球根、苗を買ってきて、ごそごそしてる。

しぶいことに梅の鉢も買ったのだけど、暖かだったからかお正月から一輪開花。



なんか嬉しい(^.^)
おそうじ、がんばらなくては。
今年(去年?)もお餅をついて(もちつききが)かがみもちをつくったのだけど、なんだか丸くて雪だるまみたいになりました^^;



最初はおもちがやわらかくて、たれてきちゃって、本当にとけてきちゃった雪だるまみたいでしたー。
いただいた焼き菓子。
作ったからっていただいたのだけど、これは素人さんのお仕事ではありませぬ。



美味しい〜(^O^)
ありがとうございます!
子どもたちから。



貝の額と花の種。(^O^)
それと、ガチャガチャの変なおじさん( ̄▽ ̄)
calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]