忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[847]  [846]  [845]  [844]  [843]  [841]  [839]  [837]  [836]  [834]  [832
バレンタインに向けてのハンガリー刺しゅう。



ギリギリ、タイムアウト~!(涙)

バレンタインに間に合わなかったです。
刺しゅう枠が発掘できていればなあ、、
間に合ったのになあ。。
。。なんて、言い訳。^_^;



枠に張るときにゆがんだので、そのままゆがみがでてしまいました。
悲しい。
そして、カットワーク部分を切ってみて気がつきました。
う~ん。ここにバーが必要だったでしょ~。-_-;
そして、バー!ぐにゃぐにゃ。
ブランケットのほうがしゃきっと刺しやすいです。
細くしようと芯を1本にしたからよけいに。^_^;

上のハートカット部分のかがりはもうちょっと考えればよかった。
思った感じと出来上がりが違いました。

でも、まあまあかわいい図案ができました。

昨日にむけて、前3日間、うちはチョコレート工場状態。
友チョコつくりのために娘はずーーっとチョコつくり。
はぁ。湯煎係の私は疲れました。;_;

この時期はおいしいチョコをいっぱい売っているから大好きです。
いろんな国のいろんなチョコがデパートに一堂に会してたりして♪
父に息子にダンナに娘に自分にずいぶん買いました。^_^;

バレンタインっていいものだわ~~。
ああ、でも、また太る~~~。
でも、おいしい~~。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♠ 無題
すごくかわいいデザインです(*^_^*)
色合いも素敵ですね~
Mさんの無印にちょこと刺したり、デザインがかわいくて好きです!
ハンガリー刺繍と言えば・・指導員の宿題に追われた事をを思い出します(^_^;)

どんな仕上げになるんでしょう・・額装ですか?
Shima 2011/02/15(Tue)21:43:12 編集
♥ Re:無題
こんにちは♪ありがとうございます~。
額装かなと思っています。
何かバレンタインに向けて、、と思ったのとハンガリー刺しゅうしたいと思ったのが重なってこうなったの。間に合わなかったけど。^_^;
、、間に合わせることに意味があるのか~?!とダンナが叫んでいる。-_-;

指導員の宿題のハンガリー刺しゅう、、
あれも間に合わないかも!で焦りましたね。
糸がなくなってご心配かけた記憶が、、^_^;;
あそこで間に合わなくならずに良かった。
エム  【2011/02/15 21:51】
♠ 無題
こんにちは^^
ハンガリー刺繍ってこんな感じなんですね。とっても可愛い♪
カットワークなのですか? もぅどうやって刺してあるのか、見ただけじゃあ解らないわ~(汗)
ハートの中のお花の刺繍が東欧チックでとっても好きです。
こういうサテンステッチで埋める図案は、適当女な私には到底きれいに刺せないわ。。。
なぬ URL 2011/02/16(Wed)21:57:34 編集
♥ Re:無題
こんにちは~。
私はそれほど詳しくないのですが、ハンガリーも地方によって色々なのです~
。色も特色あるみたいだけれど、私は自分の好きな色を刺しちゃってマス。^^;

ハンガリー刺繍、かわいいのですよ~。
モチーフをサテンで刺すだけでもかわいい。(^^)
これは周りをカットワークして、その周りをドロンワークでかがってるの。
刺しゅうとレースとかレイシーな刺しゅうの組み合わせ、大好きなのです♪
サテンは刺せば刺すほどきれいになっていきますよ~。あきらめずに刺すのが大事~。がんば~!(^^)
エム  【2011/02/16 22:08】
calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]