忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[650]  [649]  [648]  [647]  [646]  [645]  [644]  [643]  [642]  [641]  [640
うちのカイコもおそまきながらマユになりました。




マユになってから1週間したら冷凍庫に入れて、そのあと天日で干します。

4年前は絶対にガにしてはいけない!と強く言われていたのですが、今年はガにしてもいいよって。
法律(?)が変わったとか?

マユを作るときに、ウチワの芯を入れておくと天然の絹ウチワができるそうです。娘のクラスの子が作ったのですって。
作ってみたい!とか思ったのだけれど、
糸をはききったカイコはマユを作れずに死んじゃうとか?!

ちょっとかわいそうだなと言ったら、どうせ冷凍庫に入れるんだから同じよって。
そうか。そうよね。

どちらにしろ、かわいそう。。
とか言ってたら絹糸なんて使えないよね。
お肉だって食べられない。

家畜はそういうものなのだからって言われると、そりゃそうだし、私もお肉好きだし絹糸も好きなんだけど、中途半端な割り切り方しかできなくて中途半端にかわいそうとか言う私は一番だめだめのイヤなヤツなのかな。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♠ 無題
ブルーの色がカイコさんと相まって神秘的だわ~。

たしか、五箇山の合掌造りの家に行ったとき、その昔お蚕さんを飼っていたって聞いたっけ。
広い2階でだったような。
erba 2010/07/19(Mon)00:39:19 編集
♥ Re:無題
そうそう。
2階一面に網があって、その上にお蚕さまがうじゃうじゃいたような。
特に囲いをしなくても逃げないんですよね。
エサがないところにはいかないってことなのかな。
あれが不思議でした。
エム  【2010/07/19 10:20】
♠ 無題
こんにちは。お蚕ってガにしたらいけなかったのですか!?
初耳です。。。
私の叔母が昔 養蚕業でした。
絹は綺麗だけど、どうも蚕は苦手で^^;
ウチワ作りも興味があるけど、繭の姿はとっても神秘的ですね。。。
なぬ URL 2010/07/20(Tue)23:03:05 編集
♥ Re:無題
こんにちは。なぬさん。(^_^/
そうだったみたいです。養蚕家の保護が理由だったかな?忘れちゃいました。
私は年を経るにつれ虫が苦手になってきたんだけど、毎日、世話していると愛着がわいてきますね。かわいくなってきちゃう。うちの蚕は小さかったんだけど、小さなマユを作ったときには感動しました。蛾になっても何も食べずに卵を産んで死んでしまうみたいです。
エム  【2010/07/21 08:24】
calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]