忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[269]  [267]  [266]  [263]  [262]  [259]  [258]  [256]  [255]  [252]  [250
ハーダンガーのサンプラーの直後にアジュールのサンプラーを刺しました。

私が習ったときには講師科までアジュール刺繍はなかったのですが、何年か前にテキストが変わり追加されました。それで、その課題を先生のところで刺してみたものです。アジュール麻に刺しています。



アジュールは糸の引き具合で表情がかわります。
それがとてもおもしろい。(^_^/
フォアサイドステッチなども引きを強くするとそのままアジュールになっちゃいます。
アップです。






額にして、ハーダンガーと2つ並べて飾りたいと思っています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ 人気ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♠ 無題
<コメント返信してるの気がついてくれているか心配で・・・

と言われて、そう言えばと!気が付いた☆以前も確かそうおっしゃってたような・・・すでに記憶が曖昧でごめんなさい。

前回分は2つ出てるよね~、どこか変更した成果かな?

本当に糸の引き具合で、様々に変化するよね~それが面白いんだけれど、布も引っ張られて変形して、ちょっと困ってる~。
引っ張りすぎ?アイロンで伸ばせばいいのかしらん?!
erba 2009/09/14(Mon)22:58:52 編集
♠ 無題
2つ出てるのは「コメント」として書いたからなの~。他のコメントにも全部「返信」しているんだけど、「返信」で書いたものはコメントとしてカウントされないから、ブログの記事のページをみても「コメント(1)」のままなの。コメント画面にいくと「あら、返信があるじゃん。」となるです。不親切よね。

糸をひっぱりすぎてゆがんだのって、アイロンしても限度があるよね。作るものによって、ゆがんじゃ困るときは引きを甘くするしかないかも~。穴の開き具合の好みもあるよね。
エム 2009/09/14(Mon)23:37:54 編集
♠ 無題
布のカウント数によっても、違うね~。大きな目の方が、やはり糸を引きやすくて。

イタリア白刺繍とフィレレース綺麗ですね~そういえば!Italia Invitaでも見た~。

こちらは、何カウントくらいの布ですか?
erba 2009/09/15(Tue)18:59:24 編集
♠ 無題
これは廃盤になっちゃったアジュール麻で1センチ10目。すごくひきやすいの。アジュール初心者にぴったり!と先生に勧められた布です。
以前アップしたエンジェルのアジュールのほうが少し細かいけど、どんぐりの背比べです。1センチ12目が限度で。。

細かいほうが繊細で素敵ですよね~。
erbaさんの38カウントでしたっけ。すごい細かさですよね。
私も挑戦してみたいけど、数を数えられない女だからなぁ。あと、拡大鏡が必要だわ。
エム 2009/09/16(Wed)08:36:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]