忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[548]  [545]  [544]  [543]  [541]  [540]  [538]  [537]  [536]  [534]  [532


図書館で借りた本です。^_^;
16世紀から18世紀のレースを説明しています。
写真が豊富です。
買いたくなっちゃった。




レースから広がるお話が(どこまで本当でどこから想像なのかわからないけれど)おもしろいです。
そうか。レースってそうだったのね~と、空想の世界で遊んじゃいました。

ニードルレースとレティセラとボビンレースをミックスした作品など、多種のレースを組み合わせたものがのっていたりして、これまで「どうやって作るの?」となぞだったものも、ちょっとわかるかも?!と思えるようになりました。

レースの世界。
深くておぼれそうだけど、ちょっと踏み込んでみたい世界です。
先日までの講座でお隣さんがレース指導員をとった方で、ちょっとだけお話きけて楽しかったです。おもしろそう。
でも、私には無理かなぁ。。

吉田真里さんのコレクションって10万点もあるとか。
是非、見てみたいです。
以前は表参道にお店があったそうなのですが。。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ 人気ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♠ 無題
きゃっ♪
わたしも、中身見てみた~い!
16世紀から18世紀のレースなんて、それだけで、もう乙女心をくすぐるわ(笑)
気持ち、傾いてきたような・・・エムさん、ありがとうございます!
・・・でも、ん~私こそ無理かなぁ。
erba 2010/04/18(Sun)00:59:46 編集
♥ Re:無題
いくつになっても気持ちは乙女よね~っ?!(^_^/

レース科はクロッシェ、ボビン、フィレ(土台から作る!)、バテンレース、クンスト等々、私にはよくわからない様々なレースをやるみたい。あ、ニードルレースもやるって言ってたような。。
ちゃんと学ぶとアンティークレースを見たときに、どうやって作るかわかるんだろうなぁと思うです。自分で作れるようになったら楽しいだろうなぁと思うです。

erbaさんが何をつくりたいかだよね。悩める乙女、悩んで~。(^_^/
エム  【2010/04/18 08:42】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]