忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[1051]  [1049]  [1048]  [1047]  [1043]  [1042]  [1041]  [1040]  [1039]  [1038]  [1037
日本手芸普及教会主宰の学習会、今年は草野しずかさんの日本刺しゅうでした。
サイン本を購入。(^_^/



家に帰ってから、他の本も2冊注文してしまった。^_^;


***
初めての日本刺しゅう。
ものすご~く楽しみにしていました。

この学習会に行くために、娘に本を買う約束をして一人で留守番をさせ(また水曜が早く帰る日なのですよね。)、息子に迎えにいくまで図書室で待っとけといいおき、出張中のダンナを恨みながら段取りをしたのです。

期待どおり楽しかったです。(^_^/

まず絹糸を拠る!
これがきれいに拠れないんだ。^_^;
手がカサカサで糸をかすっちゃう。それで、やりすぎて拠りすぎちゃう。
糸がきれいに拠れていないと刺してもきれいではないのですって。

その上、糸がカサカサの手にくっついて、すぐに糸がぐちょぐちょになっちゃうし、「あーん、もうっ!」でした。
う~む。薄手台所用手袋でやってやろうか?と思ってしまいましたよ。

お手伝い講師の先生が私のところで刺してくださったデモンストレーションで、
「この糸、きれいに拠れているわねぇ。ほら、きれいに拠れていると刺してもきれいでしょ。」って。
ううむ。確かにすご~くきれい。つやつや光ってます。
でも、先生、それ、先生が拠ったんです。^_^;;

まあ、そんなこんなで糸を拠り、いくつか刺し方を実習しました。
右手は上、左手は下、なんていうのもとても難しく、狙ったところに針がでない!
時間もないし、あきらめて右手を上下で使っていました。^_^;

デキはともかく、とても楽しくあっという間の1日でした。

そういえばオヤをしたときにも絹糸は拠るとか言われて、そういう糸を買ったような気がする。発掘してみよう。

拠りで何年、張りで何年とかいうらしいです。@_@;

草野先生がいらっしゃるとその素敵なお召し物を凝視し(失礼なくらい見たかも?^_^;)、お手伝い講師の方の手元を凝視し、思うように行かない自分の手元を凝視し、、目を酷使した1日でした。
もうシバシバです。
ブルーベリー食べてゆっくり休も。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♠ 無題
こんにちは!
昨日はお疲れさまでした。
初めての日本刺繍・・難しかったけど楽しかったですね。

先日の展示会のMさんの作品も素敵でした!
このところ刺繍をお休みしていたので色々刺激を受け頑張らねば!と思いました(*^_^*)

とりあえずは・・今年中に日本刺繍完成しないとです・・(^_^;)
Shima 2011/11/17(Thu)09:40:41 編集
♥ Re:無題
こんにちは!お疲れさまでした~。(^_^/
ホント。楽しかったですね♪
久しぶりに時間を忘れて1日中刺しゅうにひたれました。
私も来年のお正月を作品とともに迎えたいけど、、、^_^;

展示会、足を運んでいただいて、ありがとうございました。(^_^/
嬉し恥ずかし、、です。*^_^*
エム  【2011/11/17 16:26】
♠ 無題
こんばんは♪ 日本刺繍も始めたのですね~。
あのツヤツヤな絹糸は自分で拠るモノだったのね~
私も指がカサカサだから無理だわ~^^;
先日娘の七五三の為に襦袢の肩上げをしたのだけど、絹ってものすごーく指に引っかかるのですね。
なぬ URL 2011/11/17(Thu)20:36:46 編集
♥ Re:無題
こんばんは~♪
ワンデーだったのです~。
作品に必要な基本的な技術を教えていただいて、あとは自宅で作業です。
完成するのかどうか。。かなりあやしい。^_^;

子どもたちが3年生のときにカイコを育てて絹糸をとったのですが、その糸そのままの太さで12本たばねたような糸でした。釜糸っていったかな。
その糸を必要な太さにして拠るみたいです。
すごいですよね。
エム  【2011/11/17 22:11】
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]