忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[77]  [76]  [74]  [73]  [72]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64
刺しゅうの生地を整理していたら、懐かしいものがでてきました。
私が小学校低学年のころに使っていたおけいこバックです。

 

母が裏表に刺しゅうしてくれて、とても嬉しかったのを覚えています。
しまってあったからしわくちゃだし、使い込んでもち手がボロボロです。
でも、捨てられません。こういうのをカルトナージュとかにすればいいのかなとも思いますが、ハサミも入れられません。

母は娘時代に(^^; 神戸でスイス人のシェリーさんという方に刺しゅうを教えてもらったそうです。私が小さいころ、家には刺しゅうのものがあふれていました。クッション、状差し、ピアノカバー、スリッパ、テーブルセンターなどなど。
私のワンピースも小花がたくさん刺してあったり、スモッキングにバリオンローズがあったりしました。母が布に薄紙をあて上から刺しゅうしていたのを覚えています。できあがってから紙をとる作業が好きでした。

イルゼ・ブラッシさんの本は母からゆずりうけたものです。
今では私の宝物になっています。


もうひとつもっと気に入ったレッスンバックをお習字セットと一緒に川に流してしまったのを思い出しました。ガードレールから手だけだしてふざけていて落としてしまったのだったと思います。
バックだけでも回収したいと母が下流まで探し回ってくれましたが、もう湖までいってしまったのか川にはありませんでした。
そのときの母の本当にがっかりした顔をみて胸をいためたのを覚えています。

私はバックがなくなったことよりも、母をがっかりさせたことのほうに驚き悲しく思いました。そのころは作ったモノへの愛着や思いというものがあまりわからなかった。だから、そんなにがっかりする母をちょっと不思議な気持ちでながめました。

あのときは母の気持ちがわからなかったけれど、今では母の気持ちがわかる気がします。
お気に入りのバックをなくしてしまったことも、母の気持ちがわからなかったことも、すまないことをしたなと今になって思います。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]