忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[463]  [462]  [461]  [460]  [458]  [457]  [455]  [454]  [453]  [452]  [449
久しぶりに無印良品にワンポイント~♪
ざっくりしたツイードのバッグにウール糸でクロスステッチです。



先日、無印良品の横を通って誘惑にまけたバックです。
バックが「私のここに刺しゅうして~」と呼んだです。(呼んでないって。^_^;)
ちなみにセールで半額でした。^_^;;

生地が平織りで縦横比が同じそうにみえたので(測らなきゃ~。^^;)クロスステッチしました。
ピーコックとか幾何学模様とか花とかいろいろ想像してみたのですが、娘が「文字がいい!」と。
(う~ん。私のバックなのになぁ。)
かっちりした形なので、かっちり系の文字に。
装飾やポッケ口に模様ラインなども考えたけど、シンプルに文字だけにしました。



使った糸はDMCの廃盤になったウール糸です。
タペストリウールよりかなり細いです。廃盤になった糸が5本セットでセール(セールばっかりやな^_^;)になっていたのを買い置いたものの中から選びました。2本どりにしています。普通の極細の毛糸でもよさそうです。

最初はタペストリウールを使おうと思ったのですが、いくらざっくりした織りの生地とはいえ太すぎでした。ハーフクロスにしてみましたが、おおざっぱすぎてかわいくない。
どうしようと考えてるうちにこの糸を思い出しました。発掘してみたらぴったりの太さ。



色もちょうどあうのがあってよかった。
皮部分の色が少しういてるように思えたのが、刺しゅうしたらうかなくなった気がする。(自己満足)

色違いで薄いグレーのバックもありました。
ワントーン濃いグレーで刺しゅうしたらいいだろうなぁと横目で通り過ぎたの。ああ、色違いが遠くで私を呼んでる~。(だから、呼んでない~。)



ワンポイントあると愛着わくです~。
さっそく今日から使います。(^^)

ウール糸発掘中に形になっていない刺しゅうがでました。
また、UPしまーす。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ 人気ブログランキングへ

<メモ ~完成品を選ぶときの注意事項~>
 ○縦糸がなるべくゆがんでいないものを選ぶ。
  カウントステッチする場合、生地がゆがんで縦がとおっていないと
  クロスステッチの模様が斜めになってしまう。
  今回、縦長のデザインのクロスステッチを刺して右にかしいでしまったので、
  ほどいてデザイン変えました。
 ○同じ製品でも選ぶ。
  個体差(っていうのか?)が大きいので、縫製のきれいなもの、
  折りシワ、色おちなどチェックして選ぶ。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♠ 無題
M文字、決まってる~♪
erba 2010/01/31(Sun)19:58:58 編集
♠ 無題
こんばんは~。(^^)
ちょびちょびでお恥ずかしい~。
でも、なんか楽しいの。
渋い赤もよかったかなぁ~なんて。
エム 2010/01/31(Sun)20:24:59 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]