忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
2日連続で雨だからか、今日は肩がとっても痛いです。
腕までしびれる感じ。
こうやってぶりかえしながら、少しずつ良くなっていくのかな。

マッサージのおにいさんが、チューブを使った体操がいいからとチューブをかしてくれました。
時々思い出してやってます。
しっかり体操しないと直らないよ、可動域が小さくなるよといわれているんだけれど、根が怠け者で。。

マッサージにいくとおにいさんに「体操しなきゃだめだよ。」といわれ、
家にいるとだんなに「体操してる?やりなよ。」と言われ、
勉強しなさい勉強しなさいといわれる子どものような気持ちになってます。^_^;
わかっちゃいるけど、できない。^_^;;

***

ネットで調べたら、アイロン体操というのもいいみたいです。
アイロンくらい(重すぎず軽すぎない。。ってアイロンによるじゃんね。)のものを持って、反対側の腕で机につかまり腰を折り、アイロンをふりこのようにふる。アイロンの重みにまかせるようにふる。
前後、左右、右回り、左周り。

私は何も持たずにやるけれど、けっこういいような気がします。
可動域が広がる感じです。それほど痛くない体操です。

四十肩もいろいろあるらしく、炎症を起こした場所が肩の奥のなたらいうところだと治りが遅いのだそうです。
私もかれこれ4ヶ月。
早く痛みとさよならしたいです。
PR
口腔内ヘルペスになっちゃった。
しばらく細かい作業はやめなきゃかな。(涙)



息子が鼻血をだして真っ白の新しいシャツにシミをつくりました。(涙)

ネットで調べたところ、これが一番!とかいてあったのが、
台所用マジックリン!!

買ってきてやってみました。
おお!!落ちる!!真っ白になります。

感動!
乾いてしまったシミもマジックリンを使って落ちるとか。
すごい~。



今日も痛かった。
でも、可動範囲が広がったみたいです。

指圧しながら、先生おにいさんが筋肉の動きを説明してくれました。
「そうですか~。へぇ~。」と聞いてましたが、痛いから耳から脳みそに情報がいかない。(あ、もともと?)

帰りに「よくわかんなかったけど、がんばりま~す。」と言ったら、おにいさんガックリしてました。いっぱい説明してくれたのに、わけのわからないおばさんでごめんなさい。
腕を下げているのに上腕の筋肉が縮んでいるというところがあって、それがいかん。それは四十肩のせいではなく、もともとそういう状態だった。。そこはわかりました。

ちょっと窓拭き練習を一緒にしてから帰りました。^_^;
窓拭き、ちゃぶ台拭きがんがりま~す。
横と後ろにあがらなかった肩が前にもあがらなくなりました。
洋服を着る、後ろででドアを閉める、重いものを持つ、引き出しを閉めるという基本動作もできなくなり、非常に不便。

そこで、インナーマッスルをときほぐす!というふれこみの整骨院にいってみました。

これ、ききます!
まず、背中全体をマッサージ(というのか?)してから、肩を集中攻撃。
ひたすら左肩周辺のみ、前、後、脇、肩側から指圧(かな?)。
すんごいいたかったけど、我慢。
ちょっと肩があがるようになりました。

動く範囲でなるべく動かしたほうがいいといわれました。
窓拭きとちゃぶ台拭きがいいんですって。
ちゃぶ台じゃすぐに終わっちゃうよ、、と思いつつ、「はい。はい。」と素直なおばさんになって聞いてました。

明日も行きます。
明日はどれだけ動くようになるだろ。楽しみ~。(^^)
でも、今日やってもらったぶんは、今日の刺しゅうで使っちゃったからなぁ~なんていう気もしたりして。
明日はまたいちからやりなおしかな?!^_^;
calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]