忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[1018]  [1017]  [1015]  [1014]  [1013]  [1010]  [1009]  [1007]  [1006]  [1004]  [1003
できた~!展示会の作品ができあがりました♪
もうひとつあるんだけど、そちらは無理かも。orz
あきらめちゃえば、とりあえず、フリーだぁ~?!

と喜んでたら、ちょっとした事件が、、

お友達の家に遊びに行った娘。
携帯所持なし。
所持金額220円也。お友達の家への交通費220円也。
ちょっとまずいかな~?と思いつつ遊びに行くのを許可してしまった私。それを大後悔することになりました。

遅くなっちゃったけど、このバスに乗って帰るねといわれお迎えにいったのに、バスから降りてこない。
ううむ?と自宅に電話をすると、息子が「今、○○に着いちゃったって電話があったよ。終点だったんだって。」
えっえ~~~?!どういうこと?○○ってどこなのお??

あわてて帰宅し、○○をぐぐってみる。
いや。そんなことよりお金持ってないし、どこだかわかんないし、もう真っ暗だし、最近不審者でてるし、、
警察だっ!!
と、110番してしまいました。(汗)

「娘がバスを間違えたみたいでっ、○○ってとこに着いたみたいなんですけどっ、そこがどこかよくわからなくてっ、真っ暗だしっ、小学生がランドセルしょって途方にくれてるだろうしっ、最近不審者がでてるしっっ!!」と冷静に話す(私は冷静なつもり)と、「おかあさん、まずお名前と住所を。」といわれてしまった。^_^;
とにかくおまわりさんを向わせてくれることになり、私も場所を確認して向かうことにして、、
と、まあ大騒ぎ。

「とにかくっ、私は○○に行ってくるっ!」と息子に言いおいて家をでたところで、息子が「今電話きた。なんか近くまで帰ってきたらしいっ!」って。
え??なになに?どういうことなの?
だって、お金ないし、そもそも電話できるはずもないし?!
道もわかんないはずだし?!
でも、そうならそうでっと、再び110番に電話して「会えそうだから大丈夫そうですっ」て話して、その近くって場所まで行くことに。

そして、感動の再開っ!(涙)
ああ、まったく。。
娘、号泣してました。私も泣きそうだった。

このバス1本で帰れるっ、のはずが違うバスだったらしく、全く知らない場所に終点ということで降ろされたらしい。
時間は6時すぎ。もう真っ暗。バス関係者は誰もいない。
途方にくれていると、中学か高校くらいの制服おねえちゃん二人組みが声をかけてくれて、携帯を貸してくれ、見知らぬおばあちゃんが「これだけあったら帰れるかな?」と210円くださり、おねえちゃんが「そこにいくならこのバスだよ。私たちも行くから。」と一緒にのってくれて、、
で、無事に帰ってきたそうな。

ああ、よかった。
おねえちゃんたち、おばあちゃん、神様に感謝です。
であった人がいい人じゃなかったらどうなっていたことか。

そして、私は猛省。娘にも厳重注意。
私も娘もそして息子もぐったり疲れた夕暮れでした。

話をややこしくしたのは、娘の電話をとった息子の勘違いも大きかったんだけどね。-_-;
息子は「いやぁ、大変だったよ。おかげで全然勉強できなかった。」だって。-_-;

はぁ、もういいよ。そんなこと。無事でよかった。
とりあえず、パパには内緒にしとこう。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♠ 無題
あはは、バレるよ、きっと。

でも、娘は母より強しってか(*^_^*)
お疲れさんどした、無事で何より!!!
erba 2011/10/05(Wed)21:05:15 編集
♥ Re:無題
ホント。疲れた~。
今んとこバレてないけど、
そのうち、飲んでるときに、自分でしゃべっちゃいそう。^_^;

エム  【2011/10/05 21:42】
calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]