忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[288]  [286]  [284]  [282]  [281]  [280]  [278]  [277]  [275]  [274]  [272
(財)日本手芸普及協会主催の刺しゅう指導員養成講座が、講師資格を持つ人を対象に来月から始まります。
17年ぶり(だったか?)の開催なのだそうです。定員60名。先着順。
私も申し込みました。

テキストが一新されたそうで、
森山先生のレッスンに加えて、二村恵美さんのゴールドワークやオノエ・メグミさんの刺しゅう、ハンガリー刺繍などなどあるようです。

1ヶ月に一度、土日連続10時~16時で6ヶ月。計12日。
遠方からいらっしゃる方に考慮してそういうスケジュールなのかな?
連続まるまる2日間で教わって次の月に複数作品完成となると、忘れてしまって刺せないところがでてきそう。
かなりハードだと思いますが、とっても楽しみです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ 人気ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♠ 無題
はじめまして。
イタリアの刺しゅうを調べていてたどりつきました。
現在,ヴォーグ学園刺繍科講師過程を学んでいます。来年以降の指導員養成講座をめざしています。

大先輩ですね。
私は旧カリキュラムから在籍していて,講師科から新カリキュラムに以降しました。
仕事と育児の合間にチクチクしていましたので,もう4年以上在籍しています。

いよいよ指導員養成ですね。
私までワクワクしてしまいます。

また寄らせてください。
せしる URL 2009/09/25(Fri)22:30:34 編集
♠ 無題
コメントありがとうございます。
同じヴォーグの方だなんてうれしいです。(^_^/

途中でカリキュラムが変わった場合は前のままでいくのだと思っていました。途中で移行するのは作品が違ったりするので大変ではないですか?
私も仕事と育児の合間にチクチクして何年かかかってとりました。がんばってくださいね!

あまり頼りにならないかもしれない先輩ですが、よろしくお願いします。また、指導員養成講座の様子などもアップしますね。
エム 2009/09/25(Fri)22:52:16 編集
♠ 無題
養成講座のご様子,楽しみにしています。

旧カリキュラムから新カリキュラムに意向の際,ずいぶん配慮していただきました。私は旧カリキュラムの提出期限ギリギリまで旧カリキュラムを,期限以降新カリキュラムに移りました。
それでも勉強しない課題がでてきてしまったので,江川先生の特設クラスで習得しました。
一時期だけ,カリキュラムから漏れてしまった課題のためのクラスが開講されていました。

・・・新しいカリキュラムは,材料費がとても高くなったそうです。そして,かなり個性的な作品が多いのが特徴かと思います。
アッシジはびっくりするくらい小さい課題になりました。

では,また・・・
せしる URL 2009/09/27(Sun)13:37:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]