忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[1168]  [1167]  [1166]  [1165]  [1164]  [1163]  [1162]  [1157]  [1156]  [1151]  [1150
必要にせまられて、夜なべでごそごそズボンのひざあて。




娘が、林間合宿に行く前日になって、「ズボンがはいらない」って。(汗)
あわてて近くのお店を何軒かあたったけれど、コットンの長ズボン売ってないの。
夏だものね。

明日から行くっていうのに~~ということで、ぞうきん用にためてあった古着の袋からひざ小僧に穴のあいたズボンを2本ひっぱりだしました。^_^;

そして、これまた小さくなったTシャツやブラウスの中からお気に入りを選んで、それをひざあてにすることに。
意外と簡単で、意外とよかったです。

<簡単ひざあてメモ>
1、小さくなったTシャツの気に入った部分を中表にして、2枚あわせて縫う。少し返し口をあけておく。
2、表に返して形を整える。
3、穴部分をかがる。
4、穴部分にひざあてをまつりつける。またはランニングstでぬいとめる。
5、穴のすぐまわりをひざあての裏地にぬいとめる。

*****

そんなこんなでドタバタといった合宿。
内容、けっこうハードだったみたいです。
3泊4日、ほとんど雨で最後の日にひさぶりにお日様を見たって。^_^;
ドジ(死語?!)な娘は4日間で6回転んだそうで、予備の着替えもなにもかもがどろどろ。予備洗いを2度してまわしてもなにやら茶色いよ~。.

娘の報告によると、
テント張りから始まり、カマドつくり、調理等々すべて連日、カッパでの作業で、ぬれたものを干そうにも外は雨、テント内に干すと自分がぬれる。
テントの位置は他の班より条件のいい場所(山の上のほうで木の多いところ)だったんだけど移動が大変で転んだ。
水がきにくい場所のテントだったにもかかわらず、油断するとまわりからじわじわ水が浸入してきて水溜りをつくった。
登山もテント生活も道がどろどろですべるからえらい大変だった。
山道は怖いから(3年のときの登山で怖くて泣いた。)足元だけ見て歩いた。
男どもが働かずにトランプしていて頭にきた。
あまった食材をもらえて嬉しかった。(焼きプリン等)^_^;

雨の合間をぬって登山もしたんだって。登らないと思ってたよ~。
先生方も大変だっただろうなぁ。ありがとうございました。
ハードだったけど、みんな元気でよかった。一生の思い出になるよ。
でも、来年は晴れてほしいな。

合宿帰りのくたくた娘にアイスクリーム+ヨーグルト+カシスシロップを出しました。
雨の中の林間合宿でよろよろどろどろの娘、大喜び。(^_^/
子どもの笑顔は嬉しいです。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]