忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

娘の学校から「授業で使うからプリンカップを9つもってきてください。」といわれました。「普通に売っているプッチンプリンなんかのでいいです。」とのこと。

大きめで半透明のプラスチックのものが使いやすいかなと思い、カップで選んでアロエゼリーをチョイス。9つ買ってきました。

でも!みんなでゼリーを食べてみたら、
「このアロエゼリーきら~~い!」
と言われてしまいました。

うそ~~~。ゼリーは9つもあるのよぉお。
それに、カップは明日もってかなきゃいけない。
ゼリーを9つも捨てる勇気(?!)、私にはありませんよぉ。



それで!今日の私の夕食です。
みんなの残りをあわせてこれで4つめ!(涙)
あと5つ!

PR
知り合いに教えてもらった「いかくんサラダ」。
これがすごく簡単でおいしいんです。(写真おいしそうじゃないか。^_^;)

<作り方>
1、いかくんを2センチくらいに切る。
2、セロリをスライサーで薄く切る。
3、1と2をあわせて、レモンをかけて混ぜる。
4、ちょっとおく。

塩などの調味料はいりません。いかくんの味がセロリにうつって、ちょうどいい塩かげんになるの。いかくんが多めのほうがいい味になるかな。
ホント、おいしいんですよ。


娘が「今日の夕食は私がつくる~!」と。
冷蔵庫にあるものをみて作る!といって、冷蔵庫の物色から。
メニューを決めて、トントン切って、炒めて、もりつけ。
所要時間2時間半!(お、、おなかすいたぁ~~ ^_^;)

娘の夕食メニューは
  冷奴
  大根サラダ
  大根おろし
  ソーセージ
  肉野菜炒め
  バターなしバターライス
  (バターを使い忘れたらしい。)



手伝おうとすると、「ひとりでやるっ!」というので、
私は手持ちぶさたに。
「ママはなんにもしなくていいの?」
「うん。」
「じゃ、ママ、刺しゅうしていていい?」
ということで、小鳥に四葉のクローバーをくわえさせることに。(^_^/
あ、さすがに火を使うところだけはサポートしました。


フレッシュポルチーニ。
ねっとりした感じのカサ。見るからにおいしそう。香りは乾燥ポルチーニのほうがあるみたい。

ニンニクを炒めてポルチーニ入れてワイン入れて塩コショウ。パセリ。
なんとなく、とろーりとしていて、見た目「どうなの?!」という感じ。



でも!
ポテトを敷いてカジキマグロのソテー、その上にポルチーニのソテーと盛り付けて食すと、、
おいし~~~!!

ポテト+なにか+ポルチーニがいいのかな。
真ん中にお肉もやってみたら、それもおいしかったです。

トスカーナのワインと一緒に。(^_^/
ペコリーノというチーズも。(パルミジャーノレジャーノに似てる。)

そして、今日のお昼はポルチーニのソテーの残りとパルミジャーノレジャーノとオリーブオイルでリゾットにしてもらいました。(「した」わけじゃないところが情けないですが。)
ちゃんとアルデンテにできていて、おいし~~。



1、たっぷりのオリーブオイルにニンニクみじん切り1かけを炒める。
2、玉ねぎみじん切り大サジ2くらい加えて炒める。
3、洗わずにお米(1合)を入れて炒める。
4、お米に油がしみた感じになったらキノコをいれ、白ワインをどばっと入れる。
5、アルデンテになるまで、様子をみてお湯を足しながら煮る。
6、パルミジャーノレジャーノを粉にして入れる。
7、盛り付けてパセリをちらす。

出張したダンナに刺繍、布関係のものを頼んだのですが、まったく鼻がきかないようで。。(そんなこと言ったらかわいそうか。)
なんていうか、アンティークじゃなくてリサイクル?みたいだったり、刺繍ではなくてクロッシェだったり。むなしい努力をさせてしまって、申し訳ない気分でした。ごめん。ありがとう。

でも、食べ物、飲み物にはかなり鼻がきくようです。
まっ、いーか。
地引網に行きました。
大漁!!と思いきや、いーーっぱいとれたのは、「しらす」と「しらす」の親。(?!)



大きな魚は2匹のみ。(この刺身は私の口には入らなかった。;_;)
小さなサメやフグやクラゲもかかってました。
小さくてもサメは鮫肌でした。



お土産に「しらす」と「しらすの親」をいっぱいもらいました。
さあ、欲張ってもらったのはいいけれど、これ、どうしましょ?



てんぷらがおいしいというので揚げてみましたが、そんなに大量に食べられないよ。
そこで、残りは釜茹でしらすにしようとゆでてみました。

ネットで調べたら、
 しらすをゆでるときには、大目の塩を入れてゆでること。
 しっかり長めにゆでること。(身がしまる?!)
 ゆでたら、干す。
とあったので、さっそく実行。

「しらす」も「しらすの親」もそれぞれゆでて干しました。
干さずに、ゆでたものを酢醤油で食べるのもおいしかったです。

そこで、ダンナがピンときちゃって(たいていろくなことにならない)、ゆでたしらす親子をオーブンに。
100度で1時間、乾燥。
すると!
なんと、売ってるようなしらす干しとイリコのようになりました!



あぁ、疲れた。でも、楽しかった~!
calendar
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]