忍者ブログ
Admin / Write / Res
ハンドメイドの記録です。そのほか、日々考えることなど。。
[622]  [621]  [619]  [618]  [617]  [614]  [613]  [611]  [610]  [609]  [608
ホビーラのリバティスカラップを見てピコーン!!

リバティTシャツ

やっぱり、かわいい♪(自己満足)

リバティTシャツUP

着るとまたいいデス。(^_^/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ピコーンってきたときには、ギャザーを2段にしよう!と思ったのですが、リバティスカラップが足りませんでした。
残念だけれど、ギャザーは1段に。
2段のほうが絶対にかわいかったなぁ。

作り方は超簡単!
1、リバティスカラップを縦に半分に切る。
2、2本をくっつけて輪に縫う。
3、ギャザーをよせる。
4、Tシャツにくっつける。

4のくっつけ方は、リバティを表からはってレースで押えてもかわいいかなと思ったけれど、伸びる素材をきれいに縫う自信がなかったので、裏にくっつけて、少し上をジグザグミシンしちゃいました。
これなら、多少目がきたなくても、ひきつれていても気にならない、気にしない!

Tシャツはランドエンドの定番のものを使いました。
形が好きで、お洗濯してもくずれてこないし、色もあせないので、大好き。
私の定番です。

ランズエンドのこのTシャツは今なら2枚買うと1枚1000円引きなのでオフホワイトも買っちゃった。(^_^/ 
他のリバティスカラップも買ってあるので、また作りたいです。(^_^/

ホントは、娘に作ろうと思って、リバティスカラップを買って(だから足りなかった)、ランドエンドの娘のTシャツも用意したのだけれど、色があわなかったり、Tシャツがぴちぴちすぎたり、問題多発で、私のになっちゃった。わ~い。



ジーンズにとってもかわいいデス。
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♠ 無題
こんにちは~。リバティスカラップって、こんな使い方があったんですね。
横浜のホビーラでトルソーがマフラーみたいに巻いてるのを見たら、それでイメージが固まって他の使い方は思いつかなかった(汗)
パッと見るとレースのチュニックを重ね着してるみたいにも見えますね^^
娘ちゃんとさり気にお揃いに着ていたら可愛い~♪
なぬ URL 2010/06/19(Sat)15:33:06 編集
♥ Re:無題
こんにちは!
なんか、たいしたことなくて恐縮デス。^_^;
そうそう。首にまいてるのと、バックにしてるのが置いてありました。
友達がまいていて、とってもかわいかった。

そうだTシャツ!と思ったはいいけれど、半分に切るのは勇気がいりました。
ホントにいいのぉ~?!って。^_^;
1週間くらい躊躇してたかな。
で、切ったら娘のがNGで。。(涙)

すそと一緒に首まわり、そでまわりも考えたけれど、足りなかったの。
フリルバックもかわいいかもですね。
私は持てないかもしれないけど、娘なら。(^_^/
エム  【2010/06/19 21:38】
♠ 無題
かっわいい、かっわいい♪
リバティスカラップがペカッって光ってる(*^_^*)
七分のスパッツにもかわいい☆
それに、おしりよか、ちょっと長めのこのサイズ、すんごい重宝するんですよね~。
私の場合、出っ腹隠れるし・・・(笑)
erba 2010/06/21(Mon)20:49:14 編集
♥ Re:無題
こんにちは。erbaさん。(^_^/
そうなんです~。見せなくないところが前も後ろも隠れる!
私の場合、胸元切り替えのチュニックだと「ありえない妊婦」状態になっちゃうし。^_^;
ちょっと、年齢制限ひっかかってる感じもしますが、かわいいです。
エム  【2010/06/22 17:29】
calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール


名前: エム

自己紹介:
布や糸がながめるのが好きです。
何を作ろうかとワクワクする時間が好きです。

神戸でスイス人のシェリーさんに教わったという母の刺しゅうが大好きで、オトナになったら刺しゅうをしようと思っていました。会社勤めとのかねあいで、ライラックの会、おんどりアカデミー、日本手芸普及協会と教わる場所はかわりましたが、ずっと刺しゅうを続けてきました。
退社後に、日本手芸普及協会の資格を取得。現在、刺しゅう部門師範の資格をいただいています。また、ホビーラホビーレで刺しゅう講師をさせていただいています。

いろいろなところで刺しゅうを教えていただき、洋書を読み、気がついたことは、私のように伝統をつなぐ役目を持たない、楽しみで刺しゅうをする者にとって、刺し方に正解はないんじゃないかということ。同じステッチでも場所や人によって刺し方が違い、それぞれに長所があります。だから、自分のスタイルで楽しくきれいに刺せることが一番なのではないかと思っています。
楽しく、きれいに、自由に!を目指しています。

子どもの病気、自分の病気、いろいろありますが、刺しゅうは私を癒してくれます。これからも、自分なりの刺しゅうをオリジナルにこだわって楽しんでいきたいと思います。
インスタグラムで作製経過など投稿しています。mohta2でサーチしてくださいネ。

Copyright (c)M's diary All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]